nazuna ニッキ 2019年 10月 神無月

 

 

2018のニッキ         

 

to index menu


13.神無月 (SUN) 台風一過 晴れ

台風が過ぎ去って、

次々と台風被害が報道され、よく知った場所が激変しているのを見ると驚くばかり。

かなりの被害に言葉も出ない。。。

あんなに大きな多摩川が堤防を越えてしまうなんて。。。

関東から北に、被害は拡がっていて、

大きな河川が決壊している。

ダムの放流が原因なんだろうか?

大昔の氾濫の歴史を何とかするために、治水のためのダムだったと思うけど、

それでもこんなことになってしまうなんて。

年々やってくる台風の規模が、人が街や暮らしを守ろうとする力を遥かに凌駕している。。。

毎年、毎年というのは、あまりにもひどい。。。

 

 

こういう状態の中、ラグビーW杯の日本VSスコットランドが開催されて、

苦しい気分の中、リーチ主将率いる日本代表がやってくれた!!

手強いスコットランドを実力で撃沈!

あの痛快で爽快なトライは笑いが出るほど。

全勝で首位通過!ラスボス=ニュージーランドを回避!

でも、南アも強敵には違いない!勝ってほしい。

そうそう、また勝ってほしいね。(笑)

次の試合も絶対観なくちゃ!

 

それにしても、スコットランドの9番の司令塔のレイドロー選手はこれまでの試合を見てたので、

本当に技術も高く見るからに手強そうだった。

あの選手を後半にスコットランド指揮官が交代で下げさせたとき、

「あっ、これは勝てるかも!」と思った。

確かに大幅に選手を変えて来てスピードは上げたけど、”頭脳”を失ったチームは怖くないと思った。

逆に日本はベテランの田中選手が交代で入って作戦も選手間の理解もバッチリ決った。

速さだけじゃない、グラウンド上でタクトを振るカナメは絶対大事ってことを感じたけどなあ。。。。

試合後、そのレイドロー選手が悔し涙を流してたのを見たとき、

何かグっとくるものがあった。

あの自信と誇りに満ちたスコットランドのキャプテンが涙を流すなんて。。。

勝負の厳しさ、彼の悔しさも、逆にこれまで味わってきた日本選手たちの思いも

私はサッカー狂なので、ラグビーは今回の大会で初めて見たけれど、

真剣勝負のスポーツってやっぱりいいなあ、、、と思った。

大会が終わるまで、試合を楽しんでいこうと思う。。。

日本代表、ビクトリーロード!!!


12.神無月 (SAT) 台風!!!

おしなものに新しいアイテムをアップしました。

台風が迫っているのですが、

週末更新ということで、アップしました。

もし、お時間ございましたら是非チェックしてみてください。

 

--------------------------

台風がやってくる前に、おしなものアップ作業をしている。

こんな時期におしなもの更新もないじゃないかと思われそうだけど、

暴風雨が怖いので、集中できるし、

土曜日にやると決めてしまったので、とにかく作業に没頭。

地震と雷と台風が苦手。犬じゃあるまいに。。。

とにかく、嵐の前にオロオロしないように、心を落ち着かせるには、

薺 nazunaのことをやるのが一番いい。


11.神無月 (FRI) くもりのち雨

台風がやってくるという、それも超巨大台風というから。

でも、どうすれば?

地球史上、経験したことのない超大型台風って報道されてる。

都市部に住んでいながらも怖いと感じるのは、待ち受けることしか出来ないからかも。。。

何かしようがあるのならいいけれど。

東海、関東にやってくる台風が大きな被害を出さないでほしいと願うばかり。


09.神無月 (WED) 晴れ

新しいアイテムが完成しましたので、これから商品撮影を経て、

更新準備に入ります。

土曜日におしなものアップ予定です。


06.神無月 (SUN) 晴れ

痛み止めを飲んで、休日はぼんやり過ごそうと決め込む。

本や映画や音楽を聴いて過ごそう。

久しぶりに谷川俊太郎を読んだ。

懐かしさがいっぱいになる。

ひらがなの詩。

 

『ののはな

 はなののののはな

 はなのななあに

 なずななのはな

 なもないのばな』

(詩・谷川俊太郎)

 

十代の頃に詩を書くのに夢中になってた。

詩に限らず、小さい頃から童話もいっぱい書いたし、

10代には戯曲も小説もたくさん書いた。

そういうノートがすべて、実家がリフォームしたときになんだか霧散してしまったようだった。

残念でもあるし、また書けばいいか、とも思う。

(・・・・って、本当はものすごく悲しかったけど、

 もう無いものを考えてもつらいだけなので、サッパリ忘れることにした。。。苦笑)

 

詩を書く、といえば、最近見た映画、

ジム・ジャームッシュ監督の「パターソン」を思い出す。

何でもない日常を切り取った、なんともいえない空気感があって、

観るものを(って、ワタシか)心和ませる。

彼がいつも仕事へ持っていく、黒いスチールのランチボックスもたまらなく可愛い。

 

余談:

60年代の舞台の英米の映画やドラマで、

労働者の男たちが奥さんにサンドイッチを詰めてもらって仕事場へ出かけるときに、

必ず持っている黒いランチボックス。

ランチの中身はピーナッツサンドと小さなサーモスの水筒にはコーヒー、っていう感じ。

ランチボックスというツールと、サーモスのポットが、私がたまらなく好きなアイテムでもある。。。

(サーモスのポットやピクニックセットは以前、nazuna_antiqueでも幾つか扱った。

 チェックの”サーモス”のポットは、会社が無くなってしまったけど永遠に愛すべきアイテムだなあ)

 

「スレレンジャー・ザン・パラダイス」は今でも大好きな映画。

従妹が持ってきたクラッカーを主人公が半分くれよ、というシーンがなんか妙に好きだなと思う。

 

そういえば、塩クラッカーって、

絶妙に美味しいのと、普通にどこにでもある味のが存在する。

マレーシア・マラッカのホテルの裏のスーパーで買ったクラッカーは、

間違いなく絶妙に、アジアで一番美味しいクラッカーだった。

だって、それをつまんだ人は皆「もう一枚ちょうだい」、「それ、どこで買ったの?」と何度も聞いた。(笑)

あの塩クラッカーは他のどこにもないものだった。

 

どちらの映画もまた見たくなる。

そして、「パターソン」は見たら、また詩を書きたくなる。そうだ、また書こう!(笑)


04.神無月 (FRI) 晴れ

昨日、道ですべって転んでなんだか大変なことになった。

一日経って、腫れはどんどん膨らんで拡がっていって、

冷やせども、納まる様子がない。。。

捻挫は子供の頃からしょっちゅうだったので、冷やして安静にしていればいいと思うんだけど。

それにしても、ここまで腫れるとは。。。


Copyright 2019薺nazuna All Rights Reserve