nazuna ニッキ 2021年 2月 如月

 

 

2019のニッキ  2020のニッキ

to index menu


06.如月.(SAT) 晴れ

暖かなお日様の下、川沿いの道を歩くのも久しぶり。

水鳥たちがのんびりと川の中の餌を探っている光景も妙に楽しい。

水の流れが早く水量も多いせいか、少し下流の方に集まっている。

前に来たときは謎の大きな鳥が小さな堰を跨がって小魚を独り占めにしていたけど、

あの謎の鳥の姿はない。

寒くなったのでいなくなったのかな。南へ飛んでいったのかな。。。

けれども、そもそも、あのコは水鳥じゃなかった。水掻きのない普通の足だったもの。

カラスよりも大きい、茶色い首の短かめの鳥。。。

ん?タカ?トンビ・・・・?

橋の上から見下ろしていたので、鳥の種類がよく分からなかった。

その茶色い大きな鳥のことを鴨たちが怖がって離れた場所に避難して暮らしていたので、

ちょっと獰猛なコだったんだと思う。。。

何にせよ、今は川に平穏が戻ったようなのでヨカッタ、ヨカッタ。

 

帰り道、塀で囲われた茂みのところから猫たちが出て来てごはんを貰っている。

この界隈に地域猫たちがこんなにいるとは知らなかった。。。

ごはんを貰って、丸々してフワフワで本当に可愛い。

地域猫、自由猫への風当たりの強さは餌を与えるなと書かれた貼り紙で分かる。。。

保護して去勢して、その地域で暮らさせるためにご飯をあげる。

基本、外で暮らしていようが、イエネコは野生動物ではないので、

人間の手もなく生きていくことはできない。

人と共に暮らしてきたイエネコたちが捨てられて、

増えてしまって野良猫、自由猫になっているのにね。

去勢や避妊して頭数をコントロールして、決まった時間にご飯をあげて暮らさせていれば地域猫になる。

雨の日も、猛暑のときだって、雪の日だって、暖かい手が待っているっていいよね。

鳥も、人も、猫も犬も、

みんなこの土地で生きている。


05.如月.下弦の月(FRI) 晴れ

ベランダでプランターの雑草たち(笑)に水をやっていたら、

サボテンの大きな鉢の向こうに倒れているスズメを発見。

もう息は無いみたいで死んでしまっていた。

昨日の強風のせいなのか、寿命なのかは分からないけれど、

いつも遊びに来ている我が家のベランダで最後を迎えたんだなあ。。。

ダンナさんが紙に包んでビニール袋に入れた。

乾燥期の鳥たちのために水飲み場を作ってから、毎日のように遊びに来ているスズメたち。

きっと世代交代しつつ、ここにひと風呂浴びにきているから、

行き倒れてたけど、安心して旅立っていったのかなあ。。。

暖かくなったら、世代交代の小雀が大人になって、

そしたらまた小雀たちを連れて水遊びにおいでね。。。


04.如月.(THU) 晴れ  風強し、春一番?!

丸干しイワシが少し残っていたので、イワシのパスタ。

小さい魚の骨とか頭とか全然平気なので、ぶつ切りでカリッとソテー。

オリーブオイル、ニンニク、イタリアンパセリ、バジル、ローズマリーで香り良く、

トマトと玉ねぎもしんなりしんなり。、

全部が渾然一体となって混ざりあったとき、

青魚からコクのある褐色のソースが生まれて、パスタとの相性抜群。

身体にも良いし、また色々作ってみよう。。。


02.如月.節分(TUE) 晴れ

毎年、お不動さんにお詣りして節分の豆をもらってくるのに、

今年は駄菓子屋さんで戴いた豆を撒く。

 

鬼や邪鬼は、バラバラっと細かいものがバラまかれる音を嫌うというらしい。

とはいっても、そんなにバラ撒けないけども、これも厄落としなのでしっかりやる。

イワシも買ってきたけど、さすがに頭をヒイラギにつきさして飾れないので、

焼き魚にして全部食べることにする。。。

コロナよ、退散!


01.如月.(MON) くもり

冷蔵庫に寝かせるだけで、こんなにパンが美味しくなるのが不思議すぎる。

粉と水と酵母がまざりあって、

自然な働きによる”発酵”というものを、

ゆっくり待つだけ。

すぐに膨らませようとさせずに、自然なまま、成るようになれ的なパン。。。

短時間で膨らませようとする通常のレシピのパンとは全然味わいが違う。

 

焼き立ても美味しいけど、予熱がしっかりと浸透して冷めてから、

軽くトーストして食べるのが断然美味しい。

翌日も、更に翌々日も、どんどん熟成されたように味わいが深くなってくる。

トーストして皮がパリパリになったのを、ただバターをたっぷりつけて食べるのが好きだけど、

ダンナさんは断然サンドイッチ派なので、私も一緒にサンドで食べる。

カリっとトーストしたパンを切り込みを入れて、バターを一片入れる。

バターは溶かさず、形のあるままサンドになっていた方が美味しい。

しっかり塗ってしまうよりも、バターの形のあるままの上に

ハムやコンビーフなどのフィリングを載せた方が非常に美味しい。

 

今日はコンビーフに、オニオンスライスと、ケッパーと、ちょこっとマヨネ。(マヨネは無くてもお好みで)

ミルフィーユパイのように繊細な層になっているパンの皮が、

頬張るたびにサクサクとした歯応えがたまらない。

 

本当に、ヨソんちのパンを買わなくなりましたね。。。


Copyright 2021薺nazuna All Rights Reserve