nazuna ニッキ 2020年 3月 弥生

 

 

2019のニッキ  

 

to index menu


20.弥生(FRI) 晴れ

近所をウォーキングに出かける。

地域猫の暮らす場所へ行ってみた。

遠くからでも道でくつろいでる様子が分かる。

気付いて私達を見る目にもうかつての警戒の色はない。

名前を呼ぶと、ゆっくりまばたきして挨拶してくれた。

可愛いーーー。

御近所の方々に愛されて、元気元気な様子。

毛艶もいいし、丸々してる。

もう暖かくなってきたから良かったね。

 

広尾方向へ歩くと、ずっと桜並木があるのでいい眺め。

今年は満開になるのが早いみたい。

お弁当を持っていけないから、近所の桜を見てから、

家の中で花見弁当を食べようか、などと相談中。

やっぱり、お花見のお弁当を作りたいし、食べたいのよね。

だけど、花より団子っていうことじゃないんだもん。

そういうのも季節の風物詩。

暮らしの楽しみは大事だよね。


19.弥生(THU) 晴れのち雨

”紺屋の白袴”とは、まさに我が家のこと。。。

なかなか自家用の布ものが作ることが出来て無いのでちょっとずつ作ろう。

ダンナさんのシャツも新しいのを作らなくちゃ。

ああ、自分用のもないよ。

クッションカバーも、ソファーカバーも、間仕切りも〜〜。

なんだか、作らなくちゃと思うものがいっぱいあって、もう大変!

といいながら、ちくちく出来るのがなんか嬉しい。

 

そしてパンを焼き、

晩ごはんはギョーザを作る。

今日のギョーザは最高に美味しく出来た。

粉モノ大好き家族、私達。。。(笑)


18.弥生(WED) 晴れ

近所をウォーキングに出かける。

定点観測地で桜を眺める。

まだまだ花は出て無いけど、すぐに咲き始める予感。

こんなに蕾が膨らんでるし、

緑とピンクの色がかすかに見えはじめて。。。

 

日当たりの良い場所では早咲きの桜たち。

桜の名所となった目黒川。

今日は殆ど人の姿がないけれど、

週末はどっと観光客がやって来そう。

今年はコロナウィルス騒動で、東京はシートを広げてのお花見は禁止されてしまった。

歩きながら花を見るのはいいというけれど、

ここは歩きながらでも満員電車並みのごった返しになるところ。

きっと、なんだかんだ言っても、危機感薄いと人は大勢押し寄せそうで。。。

 

どこか、静かにのんびり歩ける場所があればいいなあ。。。

 


16.弥生(MON) 晴れ

薺nazunaの袋ものを作りつつ、

キルトのパッチワークもしつつ、

パンを焼く。

 

クルミをローストして冷ましてから、ミキシング。

クルミパンを焼いた。

今日のおやつに1個ずつ食べて、明日もまた軽くトーストしておやつに食べる。

 

コロナ感染を警戒して、必要最低限での外出を心がけている。

近所では顔見知りのお年寄りも多いし、

またかつて自分自身が新型インフルで苦しんだ経験もあるので、自己防衛のためでもある。

資材の仕入れも通販できるものは通販して、

直接出かけるのは落ち着いてからにしようと決めている。

 

今日は生のヤリイカがあったので、タイのレッドカレーに決定。

レッドカレーはシーフードで作ると断然美味しい。

イカは最近出回らない。

しかも、スルメイカ以外はこの辺では殆どみない。

ヤリイカなんてボイルしたものくらいしか入荷してなかったのに、生のヤリイカがあるなんて。(嬉)

 

塩もみして洗ったら、豪快にブツ切りしてレッドカレーに投入。

ワタもイカスミも全部まるごと入ってるのがいいダシが出て美味しくなる。

 

ちょっとイカスミで黒っぽくなったけど、一応”レッド”カレー。

タケノコは欠かせないね。

カレーが少し残ったら、明日の朝はビーフンでつけ麺にしたら最高ー。


14.弥生(SAT)

寒い週末に、心弾むプレゼントを貰った。

予期していなかったホワイトデーの贈り物。

バレンタインデーには和菓子やあんみつ。

その時に、「ホワイトデー、よろしくね〜」なんて言ってけど、

全然、覚えてなかったのは私の方。。。(笑)

 

包みを開けると、ずっとずっと欲しかったシャルマン・グルマンの白猫缶入りクッキー!!

近所のデパ地下で見掛けてから、ずっと欲しかった白猫缶!

おやつに買うにはいいお値段なので、ちょっと気が引けて。

ホワイトデーにプレゼントしてくれるなんてね。きゃー、感激。

 

早速、中身をモロゾフのクッキー缶に移し替えて、

缶は裁縫ケースにしてしまいました。

ナズナの花手箱と一緒に毎日大活躍しそう。

 

クッキーは発酵バターがたっぷり入った品の良い美味しさ。

口どけ良くて、ティータイムにぴったり。

内袋や紙袋のデザインも可愛いシャルマン・グルマン。

本当に贈り物に使ったら喜ばれること間違いなしなお店。

可愛いもの好きにはたまらないです。。。

 


09.弥生(MON) 晴れ

おととい、やっとトイレットペーパーとティッシュペーパーが買えた。

品薄にならないと言っていても、お店はいつも売切れ状態。

もう、あと数巻しかないなあ。。。と思っていた。

災害で道路が寸断とか流通や工場生産がストップしてるわけじゃないし、

平時のように普通に買い物してたら、誰も困ることなんて何もないのにね。

 

なんか、我先にと買いだめに走りたくない。

災害時のために備蓄しろっていったって出来ることは限られてる。

都会のマンション暮らしだし、

部屋中所狭しとトイレットペーパーやティッシュペーパーだらけにしたくない。

大量に溜め込んだ紙類なんて、これからの季節、虫やカビだってわきやすいのに。。。(と毒を吐く。笑)

 

「パニックにさえならなければ、大抵のことはどうにかなる」

誰かが言っていたこの言葉。。。

そうだなあ。コロナよりも何よりも、

パニックが一番怖い。

お化け屋敷で誰かがパニックになったら、その場にいる全員がパニックになって収拾つかないもんね。。。

怖くないのに怖くなる。

 

心を落ち着けて、日常の暮らしをゆったりと過ごしたい。。。

その為なのか、

ダンナさんは毎日同じことしか繰り返さないニュース番組なんか見ない方がいい、と言う。

 

確かにその通り。

ニュースを見たって、読んだところで、

本当に有益な情報なんてどこにもない。。。

それは3.11のときのメディアで大いに経験済みだったね。

本当に必要な情報なんて、テレビやメディアやそして公的なところから一つも流れて来なかったよ。

 

今は当時よりも更にツイッターやSNSで、

流れ込んでくるのは井戸端会議並みの話なのか、

有益な情報なのか、

ただ不安を煽って買いだめやパニックに走らせるものなのか、どうか。。。

自分でちゃんと考えて、必要なもの、不要なものに振り分ける。

そういう冷静さが必要なんだね。。。

 

 


08.弥生(SUN) 雨のちくもり

二度目のイングリッシュマフィンに挑戦。

(レシピは門間みかさんのレシピです。検索してみてね)

 

いつもは混ぜるだけであとは冷蔵庫で長時間低温発酵の自家製パンだけど、

マフィンやロールパンは油脂やお砂糖が入るので、

そこは楽々とホームベーカリー(以下、HB)にお任せ。

餅を作るために手に入れたHB。

普段はハード系パンなので、リッチパンを作るときはHBで発酵までやって貰えば楽々です。

 

(初めてHBを使ったとき、これで焼成までやってくれる”食パン”を焼いてみたけど、

 やっぱり味はオーブンで焼いたものと比較は出来ないです。。。

 オーブンで焼くときですら、色んなおうちベーカリー派の人達が焼成に成功させようと

 工夫に次ぐ工夫をしているわけなので。全てHBにお任せでは・・・・アッと、イヤハヤ、私見です。)

 

HBに発酵までやって貰って、八等分して丸めてベンチタイム。

その後、成形してコーングリッツをまぶして、

クッキングシートに載せて、

オーブントレイにサンドした状態で最終発酵。

これも門間みかさんレシピ。

イングリッシュマフィンのあの独特のカタチはこうして作られるんだなあと感動。。。

予熱無しで焼上げます。

ふっくらフワンフワン。

やっぱりイングリッシュマフィンはベーコンエッグサンドで決まり。

卵がとろけるのをモチモチフワフワのイングリッシュマフィンが受け止めてくれます。

どうしてもこうも卵と相性がいいのでしょうか。

イングリッシュマフィンを手づくり出来る日が来るなんて、感動ものです。。。


06.弥生(FRI) 晴れ

週末、パン種を仕込んで、5〜6時間常温で休ませてから、

冷蔵庫で24時間から48時間低温で熟成したのち、オーヤマくんで焼成。

デロンギのピザストーンを最高温度で余熱して、直接ストーンの上に生地を載せて焼く。

500gの小麦粉で仕込んだ生地を冷蔵庫から三分の一ずつ切り分けて、

フランスパンの場合は2個。

丸パンの場合は4個成形して焼く。

250℃で16分から17分。

最近はオーブンの温度が安定しているので、パンが美味しく焼ける。

ダンナさんが明け方近くまで仕事するときがあるので、

そういうときの夜食は決って自家製パンサンド。

買ってきたものと違って、シンプルな材料のみで作られているので、

夜食を食べても、そんなにもたれないし、

翌朝起きたときの身体の調子もいい。

やっぱり自家製パンに限るなあ。。。


05.弥生(THU) 晴れ

すっかり春!

ベランダは春の草花が元気いっぱい。

野草は鉢ごとに植えていても、

勝手に他の鉢に勢力を延ばしたり、衰退して根絶やしにされたりと、

非情な戦いの場でもある。。。

アイルランドからやってきたシャムロックは元気、元気。

スミレは何種類も育てていたけど、結局1種類が独り勝ち。

明神スミレ、江戸スミレ、郊外の山野草のお店や、

色んな場所で咲いていたスミレの種を少しずつ譲り受けて育てているのに、

このコたちが他のスミレを撃退!

本当に強い。

鉢を離していても、ダメなんだもの。

そして、花が終わったあと、

種のサヤがどんどん出来るので夏から晩秋にかけて採集しているけれど、

やはり、そこはスミレもニンゲンに種を横取りされたくないのか、

夜中や早朝に種を弾け飛ばしたり、雨風の強いときに飛ばしたりと、工夫している感じ。(笑)

そして、いっぱい種が出来ていても繁茂している葉の陰に隠したりして見えなくする。ホントにすごい。

一番最初はパイナップルツリーの鉢にちょこんと咲いていた小さなスミレだったけど、

その後、パイナップルツリーはスミレに退治されて枯れてしまった。。。

今、アボカドの樹の植わっている鉢にびっしりスミレが繁茂している。

そこは前はカラスエンドウの種を蒔いていたので、カラスエンドウが繁茂している場所だった。

でも、今は白いスミレたちが占拠。

今年のカラスエンドウは一番小さな鉢の中で細々と咲いている。

アボカドもそのうち危ないことになるかもしれない。。。

それほど強いスミレたち。

みんなと共存、共栄を望んでいるので仲良くね〜。


03.弥生(TUE) 晴れ

おひなさま。

今年はバレンタインデーが終わったら、早々におひなさまを出して来て、

厄除け祈願。

コロナウイルスが早く沈静化しますように、と。

 

雛の節句には、やっぱり道明寺。

子供の頃の思い出は大きな段飾りのひな人形。

そして、ちらし寿司を作って貰って、おともだちを招いて一緒に遊んだっけね。

その頃、ケーキ屋さんに並んでたひし型のひなまつりケーキ。

いつからか、もう全然見ないなあ。。。


01.弥生(SUN) 晴れ

いつも、1週間分くらいの食材を買い出しに行くわけだけど、

今日、スーパーへ行ったら、お米が無くなっててびっくり。

お肉も殆ど無いし、カレーを作ろうと思っていたのに、カレールーもほぼほぼ売り切れてて、

あまり好きじゃないのしか残ってなかった。(苦笑)

パニック買いの人達が、ついにここにもやってきたんだ。。。

 

皆、唖然と空の棚を見てあきれ顔。

「買いだめするなんて、ひどい」って、困惑している若い夫婦の姿も。

私も月初めにもう冷蔵庫と米櫃がほぼ空なので、1週間分を買いに来たら、

こんなに混んでるの見たことないっていうくらい人が買い物に来てた。

どこから、こんなに。。。?

しかも、いつも沢山売れ残ってるお米がこんなに綺麗に無くなるなんて、と笑うしかない。

お米は保存が効くといって買いだめしてるみたいだけど、

それは逆に良かった。(笑)

毎月買ってる方としては、沢山売れ残ってるよりも今度は新鮮なお米を買えるわけだから。

まあ、昨日、パン生地を仕込んだので当分はパンを食べればいいし。

麺類の棚もまだ残っていたので、それで乗り切ろう。。。

 

いつもの暮らしに必要な分だけ買いに行くもん。

パニック買いの人達が買いだめするからって、自分も買いだめや買い占めしたくない。

この時期に、「備蓄しろ、災害や非常事態に備えておけ」という無責任な情報を垂れ流す人を信用したくない。

どんなに備蓄したって、過去、災害に遭って、それを利用できなかったことなんて山のようにあるのでは。

備えは自己責任?

推奨される備えができない場合だってあるわけで。。。

無かったら近隣でお互いに助けあえばいいし。

そうそう、助け合い、助け合い。

昭和の家庭では親も御近所も、お味噌やお醤油を貸し借りしてた。

私も初めて独り暮らしした18のとき、隣の部屋のお姉さんとそういうやりとりあった。

一人暮らしも寂しくなかったし怖く無かった。本当に楽しかった。。。

お互いさま&助け合いの昭和スタイルで乗り切ればいいのに。

 

買い占め買いだめで備蓄を成し遂げている人は、もし、万が一のときに、

無くて困っている近所の人に、「こういうときのために蓄えてたのよ、どうぞ」って助け舟を出せるのかな?

それとも、買いだめしなかったのは自己責任って言うのかな?

 

パニックして買いだめ、買い占めするの、もうやめませんか?


Copyright 2020薺nazuna All Rights Reserve