037

豆ランプ_037

 

昭和初期頃に作られた豆ランプ。

明治大正からつづく型を使って作られたもの。

気泡も含まれ希少なものです。

火を灯したときに、そんな気泡が作る表情はランプ一つ一つによって違いがあって、

それがまた豆ランプを集める楽しみでもあります。

ランプ本体も、金具のつまみも手作りで作られたものです。

スイッチ一つでつく現代の電気製品のランプとは違って、

ホヤを外して火をつけて、またホヤをかぶせて。

そんなゆったりと行なう動作が、

豆ランプの小さな灯りで過ごす時間の心地良さを演出してくれているように思うのです。

こうした小さな灯りを幾つも灯して生活していた昔の暮らしを思うと、

現代の室内照明はなんと明るく、全てを照らし出すものでしょうか。

時に、ほのかな灯りのもとで過ごす時間を持つのも、

暮らしの中の心和むひとときになってくれそうです。


 
芯の上げ下げは問題ありません。
芯は新品に交換してあります。


使用法:
オイルはオイルランプ用のものを使用して下さい(ガソリン、灯油は厳禁)、
キャンプ用品店などにもあります。

オイルはバーナー部(キャップ式)を外して入れます。
最初の使用時は芯の先端まで染みるまで30分くらい掛かります。

火を着けホヤを被せます。消す時はホヤの上部から息で吹き消して下さい。
消化時はホヤが熱くヤケドに注意。

注意:
写真には写らない細かなキズやイタミ、ヨゴレはあります。
突然の作動不良や故障などが起きる事も考えられます。
アンティークの商品である事をご理解戴ける方のみご購入をご検討下さい。

材質:
オイルタンク+ホヤ=ガラス
バーナー部=真鍮

size:
高さ:約10.5cm ×オイルタンク底径:約6cm
 
price:
4,500 円

(撮影に使われている木製の台は商品に含まれません)
 
発送方法:
定形外(普通郵便/特定記録/簡易書留)...梱包後送料をお伝えします
普通郵便/特定記録は破損時の保証はありません。
ゆうぱっく(サイズ60)、宅急便(サイズ60)

 

Copyright 2019 薺nazuna All Rights Reserv