032

豆ランプ_032

 

大正から昭和早期頃に作られた豆ランプ。

全体にグリーンがかったガラスは、

まだ透明ガラスを大量生産出来なかった頃の名残です。

ホヤの上部にもデザインが施された希少なもの。

ホヤに製造時に不純物が混ざって出来た窪みがあります。

現代では規格外になってしまうものも、当時は許されていたもようです。

ぷつぷつとした気泡の昔ガラスは、今では希少なものとなりつつあります。

そんな完璧でないところが、逆に火を灯したときに現れる光と影の良い表情となって、

見るものを楽しませてくれます。

小さな灯りを幾つも灯して生活していた昔の暮らしを思うと、

現代の室内照明はなんと明るく、全てを照らし出すものでしょうか。

時に、ほのかな灯りのもとで過ごす時間を持つのも、

暮らしの中の心和むひとときになってくれそうです。

材質:
オイルタンク+ホヤ=ガラス
バーナー部=鉄

size:
高さ:約11cm ×オイルタンク底径:約6cm
 

Copyright 2019 薺nazuna All Rights Reserved