品番-bag66

山葡萄の持ち手と南部麻とリネンと瑞雲と・・・

Thank you!!! SOLD OUT

 

野趣溢れる南部麻、ゴリゴリ麻、おお麻、幾つもの名前があるけれど、

”ヘンプ布”とは違うのです。

同じ大麻の繊維から織った布だけれど、

日本の厳寒地で栽培された繊維は、暖かい国や外国で織られたヘンプ布と、

手触りも繊維の艶も違うような気がします。

採取してから川の流水に浸し、繊維をなめし、糸を績む工程の細やかさの違いでしょうか。

もう大きな布のものを見つけることがままならなくなり、

このバッグで使った南部麻も小幅のものを接ぎ合わせて使っていますが、

日本の昔に手織りされた布は、今ではどれも貴重な布なので、

是非楽しんで頂きたくてバッグに仕立てることにしました。

 

漆黒に見間違うほど濃く染められた藍染め。

これほど贅沢なものはないと思って、いつも、つい濃い藍染めを選んでしまいます。

少し洗濯したくらいでは掠れたり色落ちしたりしません。

何度も何度も気の遠くなるほどの手間を掛けて染められたもの。

なかなか現代では昔布ほど時間を掛けて染めることは難しいのだと理解します。

ましてや、日用の布にこれほどの手間を掛けることなど出来ないでしょう。。。

だから、古布には今のものにはない贅沢さが詰まっていて、

それも魅力の一つと思います。

 

底部分には厚手のフランスリネンで箱マチ仕立てにして、

南部麻との接ぎ合わせのところに、瑞雲の刺繍を施しました。

生成り木綿糸で手刺繍した瑞雲は、薺nazuna好みのモチーフです。

 

内側は袋縫い仕立てになっています。

国産のオーガニックコットンは、糊や薬剤を使わずに少量ずつ織り上げる丁寧な仕事のもの。

通常の生成り布は、年月を経ると織り工程で塗布された薬剤のためか、

黄変することがままあって、そうならない生成り布はないものかと探していたところ見つかった国産の布です。

袋口には織りの詰まった光沢のあるアイリッシュリネン。

ポケットは丈夫な国産のリネンで、片方はスナップ留めのもの、もう片方には二つのコンパートメントに。

物の仕分けに便利にお使い頂けます。

ポケットの力がかかる部分には一つ一つループステッチで補強してあります。

手仕事のバッグの良さが感じて頂ければ、と思います。

 

持ち手には、山葡萄の蔓を編んだハンドルを使用しています。

革ハンドルとまた違って、お出かけ感がアップするような気がします。

両サイドにDカンをしっかり取り付けましたので、お手持ちのショルダーストラップで2WAY仕様も可能です。

 

バッグ正面に留め付けた桜材の前飾りは、薺nazunaのタグ代わりでもあります。

30年以上乾燥させた山桜の材で瑞雲を彫刻刀で手彫りしたものです。

これも山葡萄の持ち手同様に、いつも撫でてあげてください。

山桜はなんとも言えない光沢が出て来ます。

 

古布や上質なリネンの手触りを味わって頂きたいから、あえて固い芯をつけていません。

表の南部麻の補強には、藍染の蚊帳織りの麻を重ねています。

柔らかな、くったり感のあるバッグです。

 

細部まで丁寧に手縫いで仕立てたバッグです。
 
一つ一つの素材の全てを厳選して

丁寧に仕立てていくこと。

これが薺nazunaのこだわりです。

 

size : W35.5cm × H36cm (マチ5cm)

持ち手高さ: 12cm

表布 :藍染めの南部麻 古布

   フランスリネン(アンティークではありません)

内布:オーガニックコットン 日本製

  アイリッシュリネン、国産リネン

持ち手:山葡萄の蔓製のハンドル

その他:スナップボタン、Dカン、桜材の前飾り

 

発送方法 : 送料無料サービスです。ゆうぱっくでお届けします。


 
Copyright 2018 薺nazuna All Rights Reserved