品番-177番

昔木綿とうさぎ尽くしの小物入れ

Thank you!!! SOLD OUT

 

絣の藍染め木綿は、糸の質も織りの技も上等なもの。

昭和初期の香り漂う、端正な中に愛らしさのある絣にうさぎの前飾りをあしらって、小物入れに仕立てました。

内布には、波に跳ねるうさぎの染め木綿を合わせて。

ポケットに干支の絵柄の染め木綿、うさぎがちょこんと見え隠れ。

 

小物入れの芯には、これまでは厚手の木綿帆布と柔らかな固い人工繊維の芯を挟んだものを拵えて作っていましたが、

絣や内布の生地の柔らかさを損なわず、ふんわりした芯地を作ることにしました。

張りや手触り、厚みの違う3種類の生地を用いた芯を入れて仕立ててみたら、

まるで綿入れや暖かなお蒲団のような手触りに、

絣やうさぎの染めの布で仕立てた素朴さにぴったりな手触りが、

手にすると、ふんわりしたお布団に包まれているような、

心和むような、そんな柔らかさになりました。

 

来年の干支はうさぎ。

前飾りのうさぎは丸みを帯びた繁栄のモチーフ、

内布の波に跳ね飛ぶ勝機溢れるうさぎと、ポケットの縁起の良い十二支のうさぎの染めといい、

福々しいうさぎ尽くしの小物入れになりました。

 

留め具の前飾りのうさぎは山桜を手彫りしたもの。

前ポケットの竹の留め爪は、150年前の煤竹を削って拵えました。

留め付けたループや編み紐に飾ったビーズもアンティークのもの。

かぶせを留めつける紐に通したのは300年以上前のとんぼ玉です。

オランダで作られてアフリカへ渡ったとんぼ玉は、

光にかざすと青みがかった乳白色(オパール)色に輝く美しいもの。

日々手にして楽しめる身近なアンティークのとんぼ玉は世界的に愛好家の多いコレクションです。

年月を経たものにだけ備わる風化の景色のある美しさを是非楽しんで頂ければ、と思います。

 

収納ポケットは全部で3つ。

一つ一つの工程を手縫いし、仕上げもすべて手仕事で仕立てた小物入れです。

薺nazunaの製品はすべて手縫い仕立て。

手縫いにこだわるのは、布と布の合わせ目がふんわりとふっくら仕上るので、

手織りのものや上質の素材には手縫いで、というのが信条です。。。

手にしたときに心が和むような、かぶせを開け閉めする手が喜ぶような、

愛着の湧く小物入れに仕上ったと思います。

 

昔木綿とうさぎ尽くしの小物入れ、

さあ、何を仕舞いましょうか。

 

size : 15.5cm × 10.5cm
(蓋をぴったり閉ざした時のおよその大きさです。)

表布 :     藍の絣木綿 (古布)

内布 :     動物柄の染め木綿(古布)

ポケット :   十二支柄の木綿、茜染めの絹布(いずれも古布)

留め紐 :    牛革紐

緒締玉:    300年以上前のガラスのとんぼ玉

その他 :    幕末の古竹の手彫り留め具、麻糸で編んだ紐、シニュー糸、

        アンティークビーズ、ビンテージビーズ

 

発送方法 :    ゆうぱっく、ヤマト便 (補償有り、追跡あり。東京発、60サイズ)、

        定形外(規格外)簡易書留(外箱梱包でお送りします。補償あり、追跡あり)

        レターパックプラスもあります。(補償なし追跡あり)

        ご注文時に御希望の発送方法をお知らせください。

embroidery,japan blue,indigo,antique hemp, purse, case,

Copyright 2022 薺nazuna All Rights Reserved