品番-komono59

南部麻の小さな袋もの

Price is 5,000 円→Thank you!!! SOLD OUT

 

とても小さな袋ものを仕立てました。

さあ、何を仕舞いましょうか。

お守り(チャーム)入れやアクセサリーケースに、

キーケース、常備薬、キャンディケース、

何に使おうかな、とあれこれ思いを巡らすのもまた楽しいものです。

 

そんな小さな袋ものに使用したのは、

野趣溢れる藍の布。

ゴリゴリ麻と呼ばれる津軽南部の大麻布です。

明治大正期以前の農家の女達が、

自家用にとせっせと織って藍に染めたものなので、

どの布も色や織りの感じが違って、繊細な糸で織られたものから、

ザクザクとしたむしろのような荒目の織りのものまで様々に。

これは藍の染め色も、また繊維のカドも尖ったままゴリゴリしている南部麻。

ところどころ、藍の擦れた部分が野生的な織り目を際だてて、

プリミティブな美しさのある布です。

 

内布に使ったのは、藍の擦れた、枯れたような色の木綿の布。

合わせてみると、どれも今のものにはない色合いが美しく、

小さな袋ものなのですが、

細部もこだわって丁寧に仕立てました。

袋口はぐるりと麻糸でボタンホールかがりで縫い囲み、

紐通しのループも蝋をしみ込ませた麻糸でボタンホールかがりで拵えてあります。

 

ボタンループに施されたケシ粒ほどのビーズは、

アジアの山岳民族のアンティークビーズ。

ボタンは英国のアンティークのシューボタンです。

 

紐は通常のイタリアンレザーよりも薄手ですがしなやかな牛革レース紐を使用しています。

小さな袋ものに軽やかにフィットしてくれます。

革紐には通した緒締玉は、陶玉です。

紐先にはイスラミックブルーのヴィンテージビーズを。

袋口以外に施したループ、ただの飾りでもあるし、

首下げにするための紐を両側に通しても良いし。。。

 

「これは何に使うのだろう」と疑問符が出るような、

そんな袋ものこそ作りたくて。

愛着の沸くお品になったでしょうか。

 

size : 8cm × 10cm

 

表布 : 藍の南部麻 古布

内布 : 藍の木綿布 古布

紐 : 牛革紐

緒締め玉 : 陶製

その他 : 交易に使われていたアンティークビーズ、アンティークシューボタン、ビンテージビーズなど

 

発送方法 : ゆうぱっく(60)、ヤマト宅急便(60)、レターパックプラス、定形外(特定記録付)

(ご注文の際、お選びください。)

 

Copyright 2017薺nazuna All Rights Reserved